映画【ダークナイト】を観た!

ダークナイト | ウーマンエキサイトシネマ

映画【ダークナイト】を観た!


【メメント】【バットマン・ビギンズ】のクリストファー・ノーラン監督の最高傑作だろう。

アメコミ・ヒーロー映画だと思って馬鹿にしているとエライ事になります。

人間のさが、人間の心にある悪と善、それらをえぐる様に描き出している作品。

クリスチャン・ベールはビギンズと同じ、ジョーカーは撮影後、悲劇の死を遂げたヒース・レジャー。
ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、
などの名優が脇を固める。


この映画の出色の出来は、ジョーカーの鬼気迫る演技だ。
ブラックレインの時の松田 優作を思い出す。
この役をやる為に役者になったのかとさえ思えるヒース・レジャー。


その素晴らしさは、語りつくされていくだろう。

しかし、僕らが本当に見なければいけないのは、アーロン・エッカートの演じる地方検事のハービー・デントだ。





マフィアに敢然と立ち向かい大量逮捕を実行し、決して引き下がらない正義の検事だ。

この検事に、バットマンの正体であるブルース・ウエインの元恋人のレイチェルも魅かれてゆく。

ユーモア、勇気、男気、正義感、を持つ検事がゴッサムシティを変えて行こうとし、ウエインも光の騎士の如き、このハービー・デントにゴッサムの治安維持、そして真の(表に出られる)ヒーロー役を任せていこうと考える。


バットマンには超能力はない。
強化スーツやグライダーのように跳ぶマントは全てウエイン・コーポレーションの研究開発部の技術のたまものだ。
殴られれば血を流し、犬に咬まれてピンチに陥る。
バットモービルもジョーカーの罠で大破し、使用不能となる。


ジョーカーは本能のままに犯罪を犯していると言っているが誰よりも先を読んでいる。しかも目的は不明、というより、犯罪そのものや悪をはびこらせること自身が目的なのかもしれない。





あなたは、ヒーローの大切なものの破壊をいくつも目にすることになる。

あなたはジョーカーに掛けられた罠から、自分だけが逃げられると分かっても逃げずに正義を行えるか。
自分だけが逃げること、そのことが、まさしくジョーカーの狙いなのだ。
お前も悪だ・・・・ジョーカーはそう言っている。


お勧め度 ★★★★★ (5点満点)
「ダークナイト」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

人気blogランキング参加中
d0048328_27414.gif

[PR]

by mtakky1 | 2008-08-14 00:07 | 観た映画など  

<< 映画【ウォンテッド】を観た 映画【ハプニング】を観た。 >>