<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

映画【グラン・トリノ】は最高でした!2009-004

グラン・トリノ | ウーマンエキサイトシネマ


映画【グラン・トリノ】は最高でした!





いやー良い映画だった!


クリント・イーストウッドとか、【ダーティ・ハリー】の頃は興味無かった。
【ミリオンダラー・ベイビー】も良い映画とは思ったが、キツかった。


イーストウッド演じるポーランド系の偏屈で口も悪い老人、ウオルト・コワルスキーは最愛の奥さんを亡くして一人暮らし。
朝鮮戦争に行って色んな嫌なことがあったのか、基本、常に文句を溜めて生きている。

近所は、ほとんどアジア系の住民ばかりになってしまった
アメリカ中西部の町の一角。
メキシコ系とアジア系、あるいは黒人とのいがみ合いもある。

隣のモン族(ラオス、タイなどに居たアジア系民族)の人々が自分の家の芝生に入っただけで、激怒してライフル銃を取り出す。


隣の家の一番下の男・タオは、高校も行っていないが、従兄弟のギャング衆に脅されて、ウオルトの自慢の愛車1972年式でも新車同然のグラントリノを盗んで来いと唆され、ガレージに忍び込み、ウオルトに気付かれライフルで追い払われる。


モン族の家族で姉と母が、モン族の名誉を重んじて謝罪に訪れ、タオをウオルトの家の手伝いにしてくれと依頼する。ウオルトは当然に拒否するが、家族の勢いに押され、嫌々ながらもタオを手伝いで家に入れることを承諾する。

リアリティを感じる演技。嫌な老人ウオルト。こそ泥の下っ端を引受けたが、改心してゆくタオ。その姉。


これは、近年観た洋画で最高の映画です。
人生を考えるのにも良い作品。

観てください!

実際にモン族からのオーディションで出演する役者もリアル。

100点満点で
98点!



「グラン・トリノ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

備忘
【スラムドッグ$ミリオネア】
【レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦】
【パッセンジャーズ】
【ジェネラル・ルージュの凱旋】
【罪とか罰とか】
【バーン・アフター・リーディング】
【T4】
【幼獣マメシバ】
[PR]

by mtakky1 | 2009-05-06 01:47 | 観た映画など  

映画【ニセ札 】を観た。2009-003

ニセ札 | ウーマンエキサイトシネマ

戦後、間もない時に実際にあった事件を題材にキム兄が初監督した作品。

監督・共同脚本・出演:木村祐一
主題歌:ASKA
出演:倍賞美津子/青木崇高/板倉俊之/三浦誠己/宇梶剛士/段田安則/西方凌/村上淳 他

役者は良い演技をしているし、映画にはなってるんだけど。。。。



ここの田舎は、戦後の混乱期、ニセ札、造るほど貧乏でした。
必死に造りました。ばれました。捕まりました。
「悪いことと思っていません。(後悔はしていません)」、みたいなことを小学校の先生 カゲ子役の倍賞美津子さんが言う。


だから?


もちろん、世の中に犯罪を題材にした映画はたくさんあるし、
犯罪者に共感してしまう映画もある。痛快ピカレスクとか、おしゃれ泥棒とか、ルパン三世、とか、GOEMON、ネズミ小僧のたぐい。
或いは、犯罪者に共感してしまうが、最後は逮捕されたりする犯人に人生を見る、という感じの映画もある。


前半に「国がお札すってるんですから、国民が刷って悪いという法は無いでしょう?」というシーンもあるが、いやいや、そりゃ駄目なのよ。


きっと、この田舎の困窮ぶりをもっと描くとか、色々やり方はあったんだと思うんだけど、脚本が悪いのか、小学生の作文みたいです。


結局、共感できないから、何が言いたい映画なのか、全然、分かりません。

淡々と映像にはなっていました。


人が死んだり、やっとニセ札ができ上ったり、するんだけど。平板。


どうもお笑い芸人の監督作品は苦手です。


100点満点で28点。



備忘
【スラムドッグ$ミリオネア】
【レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦】
【パッセンジャーズ】
【ジェネラル・ルージュの凱旋】
【罪とか罰とか】
【バーン・アフター・リーディング】

「ニセ札」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by mtakky1 | 2009-05-06 01:44 | 観た映画など