<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

東京でも日食

Excite エキサイト : 社会ニュース

2009年7月22日午前11時24分~34分頃

東京でも日食が見られた。
d0048328_1523958.jpg

曇り空が幸いした。
d0048328_1524881.jpg

上海や、悪石島は雨で太陽は見えなかった。
d0048328_1525769.jpg

晴れていれば、普通のカメラで撮影は難しい。
d0048328_153529.jpg

曇りであるがゆえに、部分日食を撮影出来た。
d0048328_1531279.jpg



横浜ハイスクールミュージックフェスティバル2009(YHMF2009)の横浜アリーナ決勝大会に進出した注目の美人女子高生4人によるバンド”A"(エース)の曲が聞ける。↓
今、神奈川で注目のガールズバンド!”A" エース

バンプのような、エルレのような、しかし女性ボーカルなので、優しくも、温かい彼らの「ユメクイ」という曲だ。

「あなたの夢を教えてください。」「だれもしも一度は問われるでしょう」というオープニングの歌詞から始まる。

これを問われたら、あなたは答えられますか?

ポップな曲と、心に響く歌詞、しっかりしたリズムセクション、控えめだが心地よいバックコーラス。もちろん、高校生という面はあるが、アレンジや曲の盛り上がりなど、なんだか楽しく癖になる曲だ。

日食を見ながら、この曲を聞いていたら、何だが、日常の些細なことはどうでも良くなってきて、自分の夢はなんだろうと問い直した。
[PR]

by mtakky1 | 2009-07-23 02:06 | きれいな空と  

映画【少年メリケンサック】 を観た。2009-0010

少年メリケンサック | ウーマンエキサイトシネマ

映画【少年メリケンサック】 を観た。

宮崎あおい、が音楽レーベルの契約社員 かんな、ユースケ・サンタマリアはその社長、
そして伝説のパンクバンドには、佐藤浩市、田口トモロヲ、木村祐一(キムニイ)、三宅武弘など。
元の仕掛け人にピエール滝が鼻を折りながら(笑)好演。
哀川翔、烏丸節子、中村敦夫、田辺誠一、犬塚弘なども出ているのがおもしろい。

パンクは特に好きでもない(僕と胃一緒)かんな、は苦労しながらもパンクバンドに付き合い
プライベートは草食系の音楽やってる男子と同棲。

宮藤官九郎好きな人には笑えてよいと思います。
佐藤浩市のはじけっぷりも見どころです。

75点!


「少年メリケンサック」の映画詳細、映画館情報はこちら >>


備忘
【パッセンジャーズ】
【ジェネラル・ルージュの凱旋】
【罪とか罰とか】
【バーン・アフター・リーディング】
【ホノカアボーイ】
【T4】
【幼獣マメシバ】
【引き出しの中のラブレター】
【ウルヴァリン】
【ウオッチメン】
【不灯港】
【カムイ外伝】
【サブウェイ123 激突】
【アマルフィ 女神の報酬】
【ミラクルラブストーリー】
[PR]

by mtakky1 | 2009-07-22 00:53 | 観た映画など  

映画【誰も守ってくれない】 を観た。2009-009

誰も守ってくれない | ウーマンエキサイトシネマ


映画【誰も守ってくれない】 を観た。


志田未来が演じる女子中学生の兄が殺人容疑で逮捕され、生活は一変する。
マスコミと警察に取り囲まれる。佐藤浩市、演じる中年刑事は、妻に離婚を迫られ、同じくらいの年の娘を持

つが、(被害者ではなく)加害者家族であるこの子を守る役割を命じられる。

加害者家族の自殺やマスコミからの攻撃を避ける為だ。
もちろん、重要な証人の保護という捜査上の理由もあるが、警察は公式には加害者家族の保護、という任

務を認めてはいない。

佐藤の抑えた演技、志田未来のふつーの中学生ぶりが、臨場感、現実感をもたらしている。
日本映画らしい一本で、音楽も一般的なタイアップなどで無いことも好感を持てた。

82点!


「誰も守ってくれない」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by mtakky1 | 2009-07-22 00:51 | 観た映画など  

映画【K-20 怪人二十面相伝】 を観た。2009-008

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 | ウーマンエキサイトシネマ

映画【K-20 怪人二十面相伝】 を観た。

江戸川乱歩の名作「怪人二十面相」を
あの【ALWAYS ~三丁目の夕日】のチームが昔の東京を再現しつつ、リメイク。
金城武、松たか子、仲村トオル、が好演し、要潤もちょい出てる。

二十年前だったら、「日本でもハリウッド映画並みのスケール」って騒がれたかも。
頑張りました。

71点。

「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by mtakky1 | 2009-07-22 00:48 | 観た映画など  

映画 【007/慰めの報酬】 を観た。2009-007

007/慰めの報酬 | ウーマンエキサイトシネマ


映画 【007/慰めの報酬】 を観た。



前作の【カジノ・ロワイヤル】は劇場に三回観にいくほど好きだった映画です。
ダニエル・クレイグがカッコよかったし、アクションもリアルで、ストーリーもシリアス。
ショーン・コネリー時代にいい意味で回帰したのだと思う。

前作を観なくても良いけど、続編的なもので、前作の一時間後からストーリーが
始まるという設定。

敵を追い詰める為に、ボンドが暴走し、MI6はコントロールしようとするが、
結局、現場の一瞬一瞬の判断に任せるしかない現実。
この暴走ぶりは、ジャック・バウワーもボンド映画をお手本にしたのでは?と思わせる。

78点!



「007/慰めの報酬」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by mtakky1 | 2009-07-22 00:46 | 観た映画など  

映画【レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-】を観た。2009-006

レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- | ウーマンエキサイトシネマ


映画【レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-】を観た。

見どころは、金城武の孔明が良い感じで、アクションしないところと、リン・チーリンの美しさに、トニーレオン演じる、周瑜、が確かに命かけるよなぁ。

リン・チーリンは中田英寿とデートしたそうだけど、いやー綺麗な方です。


金城武は、ずっと、羽根の扇子を振ってます。

三国志演義、横山光輝の「三国志」では、周瑜が、「なぜ、天は我を生みながら、孔明も生んだのだ!」と天才・諸葛亮孔明に、知力で勝てないことを嘆くシーンが出てくるんですが、この映画は良い意味でオリジナルです。

ただ、僕も劇場に行きましたが、家で見ても戦闘シーンの迫力は伝わらないかなぁ。
ブルーレイでHDTVなら大丈夫でしょう!

100点満点で 77点!


備忘
【パッセンジャーズ】
【ジェネラル・ルージュの凱旋】
【罪とか罰とか】
【バーン・アフター・リーディング】
【T4】
【幼獣マメシバ】
【ウルヴァリン】
【ウオッチメン】


「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」の映画詳細、映画館情報はこちら >>



d0048328_0323515.jpg

[PR]

by mtakky1 | 2009-07-22 00:32 | 観た映画など  

映画【スラムドッグ$ミリオネア】を観た。2009-005

スラムドッグ$ミリオネア | ウーマンエキサイトシネマ

映画【スラムドッグ$ミリオネア】を観た。


インドのスラム街に生きる少年はやがて、青年となり、人気クイズ番組「ミリオネア」に出場することになる。

その悲惨で恵まれていない数奇な人生の中に唯一、大切に思える女性を想いながら生きてきた青年。

アカデミー賞受賞!凄い作品!という前評判と、予告編の事前情報とぴったり同じ感じの映画で全く裏切らない。

多くの映画人が一生かかっても創れないような名作なのか????

うーむ。
凄く面白いし、いいんだけど。

裏切られなさ過ぎて、困る。


ここからは、ネタバレです。




大きな疑問!

1)何故、競争率の高いこの番組に出場できたのか?

2)何故、最終問題も回答できたのか?


この二つに全然、答えていないので、最後はご都合主義かぁ。。。。って、少し引いた。

何故、出場したかったのかは、良く分かるんですよ。彼女を探したいという人生のテーマだから。

でも、何故、出来たかは少し誘導的にコールセンターに務めていたから、という伏線から一気に生き別れた兄貴を見つけるシーンにつながってしまい、謎。


また、最終問題も、4分の1、25%の偶然でなくて、幼いころに三銃士を読んだ本のかけらが脳裏に浮かんだ、というような描写でもはっきりあれば、納得するのですが、こちとら三銃士の主人公たちの名前なんか知らないから、そもそも、ご名答!って思えないから、「あぁ、正解だったんだー。(棒読み)」的な反応になってしまいました。


その後に、【グラントリノ】観たから、余計に格の差みたいな落差を感じてしまいました。


アカデミー賞を忘れて観る人の満足度  87点!
それ以外の人の満足度           71点!


備忘
【レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦】
【パッセンジャーズ】
【ジェネラル・ルージュの凱旋】
【罪とか罰とか】
【バーン・アフター・リーディング】
【T4】
【幼獣マメシバ】
【ウルヴァリン】
【ウオッチメン】

「スラムドッグ$ミリオネア」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by mtakky1 | 2009-07-22 00:18 | 観た映画など  

サイボーグ009 For The World ~For Tubalu ツバル

7月19日は「サイボーグ009の日」。

1964年7月19日に少年キングで「サイボーグ009」の連載が開始されたのだ。

あれから45年。

1月の日記

昨日のファンイベントでは、ホリプロ芸人のスピートワゴン、くわばたおはら、X-GUNなどの「超能力」の披露や、声優の杉山佳寿子さん(TVアニメ「サイボーグ009」1979年版のフランソワーズ役、ハイジで有名。)、永井一郎さん(TVアニメ「サイボーグ009」1968年版の張々湖役、波平で有名)、江川央生さんらも登場した。

また、石森プロでは、今回のイベントでNPO「RoomToRead」(世界の貧困国を中心に図書、図書館、学校の寄贈、現在までに280万冊以上を寄贈)にファンの募金を全額寄付し、また、45周年記念コインを発売し、その収益の一部を南太平洋の小島のツバルに寄付するという。

45周年記念コイン

更に、発売元の泰星コインでは、金貨一枚をヤフーオークションに出品し、その全額を(別の)NPOに寄付する。
d0048328_18373935.jpg


ツバルの首都、フナフチは(海面上昇で)水没の危機にある。
良く調べてみると、いわゆる環境破壊、CO2増加、海面上昇によると断言も出来ないようだ。
地球温暖化でツバルは沈むか?

「今のツバルに温暖化の影響が無いとは言いません。しかし、現時点ではその影響はごく僅かです。少なくとも2009年現在において、ツバルに海岸侵食や内陸浸水をもたらしているのは、地球温暖化による海面上昇以外の要因がほとんどと言えそうです。」


ということです。
しかし人災でも、環境破壊でも大きな問題を抱えているには違いなく、どんな援助でも助けになるだろうとは思います。

更に、三洋電機の1000回使える充電池のエネループ、eneloopと「サイボーグ009」とのコラボを発表し、どうやら、徐々にお正月の「アクション」の宣言が実現してきているようです。
三洋電機エネループとサイボーグ009」のコラボ
d0048328_183813.gif



企業やマンガが社会貢献に真剣に向き合う、そんな21世紀になったのだとしたら、
本当に少しづつ世の中のムードが変わっているのかも知れません。

今日も世界で戦乱や貧困に苦しむ人がいます。
もちろん、小さなことで解決するはずはありません。
自分の毎日の生活が大切です。
しかし、「解決しないよ」と捨てておける気にもなれません。

誰かに聞かされました。「やらない偽善よりも、実行する偽善を」

僕らが、普通に生活消費をしているグッズ(上記で言えばコインや充電池)が少しでも役立つならば、他のものを選択するよりは、まし、ということになりますでしょうか?

この件は継続して、書いていきます。

備忘
【スラムドッグ$ミリオネア】
【レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦】
【パッセンジャーズ】
【ジェネラル・ルージュの凱旋】
【罪とか罰とか】
【バーン・アフター・リーディング】
【T4】
【幼獣マメシバ】
【ウルヴァリン】
【ウオッチメン】
[PR]

by mtakky1 | 2009-07-20 18:42